医療法人悠山会

052-801-0080

採用情報

RECRUIT

INTERVIEWインタビュー

看護師とケアマネの経験を活かして転職
新しい世界に飛び込んだ

悠山会に入られるまではどのようなお仕事を?

外科で看護師をしていた後、病院で初めて老人看護・介護を学び、10年ほど勤務していました。その頃、もともと興味のあったグループホームや訪問介護の分野で友人が勤めることになって。そこが悠山会だったんです。
10年前は植田・元八事の施設が立ち上がったばかりだったのですが、その友人からケアマネを探しているという話を聞いて、面談をお願いしました。看護師でもあり、ケアマネでもあることを買っていただきこちらに入りました。当初は看護師兼ケアマネージャーとして勤務していましたが、現在は看護長として、グループ内の施設を回る訪問看護をしています。

介護でも医療面の知識が必要になるんですね。

そうなんです。医療の知識が必要ではありますが、全員が全員、医療知識が豊富なわけではありません。そこで、私が各施設を回ってアドバイスをしたり、勉強会を開いたりしています。
例えば褥瘡のケアでは、看護師と同じように介護スタッフにも知識がなければ治りも遅くなってしまいます。ガーゼの当て方ひとつでもやり方があります。そういったことを、個別にシミュレーションしたり、ミーティングに赴いて勉強会を開いたりします。こういったことを積極的に自発的に取り組んでくれる人がもっと増えればより良い組織になれると思っています。

訪問看護のお仕事内容を教えてください。

グループの施設を回って、グループホームでの健康管理をさせていただいております。利用者様の精神状態のサポート、コミュニケーションで状況把握をしています。医療法人ですので、ドクターからの指示もあります。点滴をしたり、病院からの相談で褥瘡(じょくそう)のある方、大きな怪我をされている方が入所される際の体制を整えるのも役目です。診療に付き添ったりもします。

ここは利用者様の自宅
介護ができて初めて、看護ができる

病院で勤務していたときとのギャップは?

例えば、病院での「清潔・不潔」と介護施設での「清潔・不潔」での定義そのものが違ったりするので、病院で働いていた看護師さんはそのギャップで一歩引いてしまうかもしれません。病院とのギャップは、気持ち・想いで乗り越えていく、ということに尽きると思います。
また、介護と看護の差を気持ちの中で縮めていけないと大変かもしれません。介護ができて、初めて真の看護に携われるようになると思っています。介護もしてみたい、介護が好き、そういう方が増えたら嬉しいですね。
病院は退院が必ず決まっていますよね。でも介護施設は、入居したらそこが利用者様の自宅になります。介護スタッフも看護師も関係なく、どれだけ利用者様に想いを寄せられるか、それがこのお仕事で一番大切なことだと思います。

これからやってみたいことはありますか?

在宅看護をやりたいとずっと思っています。今は、看護師が足りないので施設の中を回る訪問看護がメインですが、様々な理由で施設に入居できずサービスを受けられない方もたくさんいらっしゃいます。そういう方々にも看護サービスを提供して、より、地域に根ざした存在になっていきたいと思っています。
今のように施設内のみの訪問看護をしたい、ということではなく、外部を訪問できる看護師さんが増えていけば、もっとできることが増えていきますよね。そういった看護師さんがこれからもっと入ってくれればな、と思います。

  1. トップページ
  2. 採用情報
  3. インタビュー01